Related Post

  • No related post.

建物エバリュエーションコンテスト



不動産流通推進センターの主催する【建物エバリュエーション事例コンテスト】でブルク博多駅前のリノベーションが準優秀賞を受賞致しました。

人口の減少と超高齢社会が問題となっているいま、不動産ストックを有効活用することが改めて重要視されています。
住宅の取引も新築から既存住宅へと流れているなか、建物の価値や有用性を見定め再発見していくことが不動産流通業には必要だと言われています。

今回、ブルク博多駅前のリノベーションと空き物件の活用事例が受賞の対象となりました。
空き物件や遊休土地など不動産にまつわる様々な悩みをお持ちのオーナー様に向けて、これからも提案の機会を広げていきたいと思っております。

受賞した物件レポート


 

購入当時は、今とはまったく違う外装でした。

今では弊社の代表的なリノベーション物件となったブルク博多駅前。
購入した当時は、2棟の賃貸住宅は築30年を超えており、そのまま利用すれば物件のゾンビ化が免れないような状態でした。
老朽化が進んだ建物は簡単なリフォームをしたぐらいでは将来的な競争力を獲得できないと判断し、入居者を一方の建物に移し、一階を飲食テナント、3階から5階はオフィス仕様にすることを計画しました。


問題となった2階部分のワンフロア

「古くなった賃貸住宅をどう活用するか」アパート、マンションのオーナーであれば誰もが直面する問題です。
3階から5階をオフィスにすることを計画し、問題となったのは2階部分のワンフロアでした。
「あたらしい試みをしたい」という考えから、ビジネスホテルとカプセルホテルの特徴を併せ持つ「キャビンホテル」を誕生させました。



所在 福岡市博多区博多駅前3丁目
用途 集合住宅(住居・店舗事務所・ホテル)